top of page

好きなコトより働きやすさを選んだ結果、優しい世界で楽しく働けるようになった人のお話




キャリア迷子駆け込み相談部屋の転職活動終わった人振り返ってみたのコーナー第三弾です。 連続Webディレクター編みたいになりましたが最後の刺客です。

今回インタビューしたのがこちらの方。

名前:Bさん 職業:Webディレクター 転職前年収:310万円 転職後年収:400万円 住んでる地域:関東地方 就活時にさいとぅーが手伝った事: 書類チェック・面接練習・求人や企業の内容についてのチェック・その他こまごまとした質問。

ー---- さいとぅー:さてさて何から話しましょうか、前職に居たときに転職をしようと思ったきっかけあたりからお聞きできますか? Bさん:私は元々、アニメやオリジナルのキャラクターイラストを描くことが好きだったので、そういったキャラクターコンテンツに関わるディレクターの仕事をしていました。たくさんの作品に関わるお仕事で充実感があったんですけど、会社の規模感が小さくて、自分1人で任される案件数が多くて残業が多くなってしまったりとか、1人あたりで達成しなければいけないという業績の目標とかもあり、それがきついなと思って、 退職を考え始めたっていう形ですかね。 さいとぅー:なんか大きい会社の子会社でしたよね、確か上場もしていた? Bさん:あ、そうですね、 親会社が上場しており、私たちの会社は子会社化しました。 さいとぅー:その子会社の立ち上がりの年に入社してませんでしたっけ? Bさん:そうですね、立ち上がった年に入りました さいとぅー:なんかそれ地味にチャレンジングですよねwww Bさん:いやほんとですよねwww内定もらった時とか、気持ちが優先されて「行きます」って言ってたんですが、当時相談していたエージェントの方に、大丈夫なんですか?って言われました さいとぅー:その求人の紹介はその人から受けたわけでは? Bさん:いえ、自分でエン転職の個人応募で内定を取りました。 さいとぅー:Bさん自分で動く能力高いですよね。今回の転職もなんだかんだ自分でゴリゴリ動いていたイメージ。あ、ところで聞いてみたいんですが、”会社選びをするときに、上場企業に直接入社するのは難易度が高いから、その子会社を狙えば安定した会社に入りやすいのでは?”っていう説がちょいちょい出回るんですが、実際に子会社に入ったBさん的にはその辺どう思いますか? Bさん:言われてみればそうですね。いろんな実績のある〇〇(前職本社)の子会社です。って書いてあって、おーすごいとこじゃんと思ってたのは、事実です。凄い所なんだなぁって思っていました。でも、親会社の方も夜遅くまで残っている方がいて、ホワイトではないなぁという印象を受けました。 さいとぅー:あら、そうなんだ。ちなみに辞める直前業績良くないって噂聞いたけどその辺はどうなんですかね。 Bさん:怪しい感じはしますね。詳しい事は聞いてないんですが、私が辞めた後にも少しずつ辞めていってる話は聞いてるので。。。 さいとぅー:あらま、それは残された人とか心配ですねぇ。あれ、転職したの8月でしたっけ? Bさん:ですね さいとぅー:じゃあ今11月だからもう4ヵ月!もうすぐ半年ですね。 Bさん:えーやばいやばいやばいやばいwwwwえ、嘘wwwwもう半年ですか?wwwwうわこわwwww さいとぅー:ほかのインタビューした人に、半年後にもう一回話聞いていいですか?って聞いてたんだけどここに既に半年が経とうとしている人がwwwww Bさん:ほんとですね、あっというますぎてちょっとヤバいですwwww さいとぅー:どうりで私も当時の事がうろ覚えなわけだ。 Bさん:私は結構覚えてますけどね!転職活動を始めたのが4月の終わりぐらいで、内定を貰ったのは5月中だった気がします。 さいとぅー:結構早かったですよね Bさん:そうですね さいとぅー:話を聞く限りなんかずーっと求人見てましたよねwww Bさん:ずーっと見てましたね、なんかwww さいとぅー:この求人どう思いますか?ってちょいちょい送られてきてたの覚えてます。 Bさん:聞いてました!あー、いや、ちょっと半年の重みが今更きました。やばい、ちょっとやばいぞ。 さいとぅー:じわじわ響いているwwwwwじゃあこの流れで転職活動の思い出とか Bさん:あ、その前にさっきの質問の転職のきっかけで追加を。残業が多くなったり会社の業績不振が退職を考えるきっかけになったんですけど、個人的に決定的だったのは尊敬していた先輩が退職してしまった事が大きかったです。 さいとぅー:あーなるほど、でもやっぱりそういうのがトドメを刺してくる気持ちはとてもわかります。。。 Bさん:あと、会社として余裕が無かったので全体的に人当たりも悪くて、健康的にも良くないなと思った部分もあります。 さいとぅー:人当たりが悪い? Bさん:一人一人に余裕がなくなって、人に優しくする余裕がなかったです。 さいとぅー:あー、ギスギスしてたって言ってましたしね。 Bさん:ですねぇ。

さいとぅー:転職活動はどういう風にやっていたんですか? Bさん:求人媒体としては、DodaとGreenとか見ていました。 さいとぅー:エージェントさんは? Bさん:エージェントさんは最初Dodaの担当が付いてくれていたんですが、異動になってしまいました。新任の人からも連絡が来たんですが、気持ちが向かなくて…自分で応募してました。 さいとぅー:また企業への面接でもないのに自分の説明を一生懸命しないといけないのかと思うとちょっと面倒ですよねぇ。 Bさん:そうなんですよ、そんな感じです。 さいとぅー:そもそもなんでBさんの転職相談乗る事になったんだっけ? Bさん:えーと、さいとぅーさんに相談に乗ってもらった理由は、前からTwitterとかスペースで私がめちゃくちゃ愚痴っていたのを聞いてもらったり、自分の会社の普通ではない所について色々教えてもらったりしたところから、改めて相談をしようと思った背景があります。はい、なんか畏まった言葉でメモに書いてあったんですが恥ずかしくなったのでおしまいです。 さいとぅー:wwwwwwあー、そういえばそんなこともありましたねwwwDMで従業員数と売上を突然送ってきてうちの会社どう思います?って送ってきたり Bさん:ありました! さいとぅー:詳しい事はわからないけれど従業員数で割って粗利率とか勘で推定したら給料として払えるの300万ぐらいじゃない?って聞いた覚えが Bさん:そうですね、本当それです。「あ、私年収300万ぐらいです!」って返事してジャストだったね!っていうお話しましたwwww さいとぅー:あったねぇ、懐かしいねぇ。 Bさん:さいとぅーさん的にはもう懐かしいなのか。困った困った。 さいとぅー:なんか最近困っている人いっぱい居て相談がよく来るのよね。 Bさん:皆困ってますよねぇ。私もさいとぅーさんに転職活動のサポートしてもらったおかげで、結構納得いくような転職活動にできたかなとは思ってます。前職までは一人で全部決めてキャリアを歩んできたのでそれと比べれば。 さいとぅー:なんか求人を見たり、書類の添削したくらいはしたと思うんだけどそんなになんかしたっけ? Bさん:うーん。とりあえず何かあったら気軽に聞きやすいっていうのはありましたね。あとTwitterで繋がってて私の悩みを知っててくれてるので大分話しやすかったです。 さいとぅー:Bさん悩み結構Twitterに垂れ流しますからね、聴きに行かなくても現状どんな感じかわかりやすいっていうのはこちら的にはありましたwwww Bさん:会社で「は?」って思う事があったら「は?って思いました」ってTwitterに書いちゃいますからねwwwwそれでたまにフォロワーが減るとショック受けるんですけどねwww さいとぅー:他なにかありましたっけ?あ、決算書を読んだ記憶がある。 Bさん:あ、ありましたねぇ。そういうのもありがたかったですね。 さいとぅー:あとはなんか自分で真っ当にやって真っ当に終わったって言う印象なんですけども。 Bさん:そうですね、個人的に背中を押してもらったなって思うのは、「都内で年収400万ぐらいないと、生活結構苦しいんじゃない?」って言ってもらえたことですかね。 私も結構諦めていたというか、自分なんかって思っていた所に後押ししてもらったので、400万~って書いてある所だけ応募しようって気持ちに切り替えられました。 さいとぅー:そんなところで後押しされてたんですね。でも自分の年収より上の所に応募するのってちょっとだけ勇気要りますもんね。 Bさん:そうですね。今300万なのに400万って書いてあるところって難しいのかなぁ?とか思ったり さいとぅー:そういえば年収400万の壁みたいな話もしましたね。30代後半で年収が400万に到達しないと、その会社なのか職種なのかが年収がそれ以上に上がりにくい構造である可能性が高いから、ずっとそのまま行ってしまう可能性が大分高くなるみたいな。 Bさん:そうですね、それを覚えていて、現在の会社の内定後の面談で年収の相談をしました。 さいとぅー:あ、そうでしたね、確か400万にギリギリ届かないくらいのオファーで内定が出てて、そこで「400万が目標だったんです」って言ってあげてもらってましたよね。 Bさん:そうです。そこで「20代のうちに400万到達したいんです!」ってお願いしたら、調整してくれて、無事に上がりました。 さいとぅー:ほんとよかったですよねぇ。 Bさん:ほんとに。でも上げてもらった事がプレッシャーに感じてあの最初の金額でもよかったのかなぁって今でもすごい思うことありますwww さいとぅー:うーん、交渉する前にも確か言ったと思うんですけど、交渉されたことを半年後までしっかり覚えている人って殆どいないと思うんですよね。 そんで、交渉されたからこの子に任せる仕事のレベルとか求める成果のレベルを上げようって言うほど、自分の手元の仕事を器用にコントロールできる人もそうはいないと思うんです。まぁ50万とか100万とか上げてくれって言うんだったら、職位とかポジション変えたりするんで変わる事は十分あると思うんですが、今回みたいな10万前後の、しかも年収の交渉だったら誤差ですから。 Bさん:上がったの7万円です! さいとぅー:じゃあ月6千円とかだから誰も気にしてないよ多分wwwwwwwwww Bさん:そうですよね。そうであってほしい!wwww さいとぅー:あとは給与制度的な観点で見たときに、7万円って言うのは会社の昇給幅とか評価によって違うけれど、大体半年~1年で上がる額なので、その分自分の年収がアップする速度がズレるって言って分かりますかね。半年~1年分毎年多く貰えるわけなので、長い目で見たら総額で見ても結構大きいんですよね。なのでそういう意味も含めて入る時に交渉できるなら絶対やっておいた方がいいなって個人的には思います。 Bさん:そうですねぇ。。。 さいとぅー:あとみんなの話を聞いていると、「交渉して上がったら自分にプレッシャーがかかる!」って言っている人多いんですが、その分頑張ろうと思ってくれるんだったら会社的にはめちゃくちゃ有難いですよね。7万円でこんなに頑張ろうとしてくれるんですから Bさん:ほんとです、今まさにプレッシャー感じてます、勝手に! さいとぅー:だって月換算したら6千円でしょう?めちゃくちゃ安いwwww残業で考えたら2時間とかじゃない?wwwww Bさん:それ!さいとぅーさんそれです。そういう話がありがたいんです! さいとぅー:wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww Bさん:それぐらい大した事じゃねぇんだよ!っていう価値観の提供がもうありがたいんですよ! さいとぅー:wwwwwなるほどねぇwwwwそっかぁー Bさん:大したことあると思っちゃうんですよ、何も知らないと。 さいとぅー:そういう観点もあるのだねぇ。勉強になります。

ー-- Bさん:で、あとなんでしたっけ さいとぅー:転職するときに求めていた条件とかあれば聞きたいなと。 Bさん:さっきお伝えした年収400万円っていう部分と、働きやすくて勤続し続けやすいというかそういう制度もきちんとある会社で、 キャリアに役立つ経験が積める所。という観点で探していました。 さいとぅー:年収以外は判断基準むつかしそうですね。どうやって判断してました? Bさん:OpenWorkも見ましたし、求人の残業時間の部分を確認したりとか、面接時にきちんと確認するようにしていましたね。 さいとぅー:内定承諾前の面談もしたんでしたっけ? Bさん:やりました。こちらから提案する前に、先方から面談できますよと提案が来たので是非お願いしますと。 実際にやったときは配属先の先輩がたとと1時間以上ずっと喋ってました。 同世代くらいの方だったので話しやすくて。 会社の雰囲気、普段の残業時間、ボーナスや昇給って本当に有るのかとか、いろんな情報を聴いて、納得して入社を決められました。 さいとぅー:なるほど。あと一対一じゃなくて複数人で話せると良いですよね、向こうの方同士の絡みが見られたりするので普段の様子とか想像しやすくて。 Bさん:あとはお菓子と飲み物を準備してくださってたので、自然体で話せました! さいとぅー:あ、なんか御菓子食べながら話したって言ってましたねwww Bさん:ありがたかったです!まさか御菓子が出てくるとは さいとぅー:そういう優しさがあったり気を使える会社っていいねぇ Bさん:ほんとそうです。前職だったら面接の前に履歴書を見て「え、この人役に立つのかなぁ?」とか社内で話しているのを見ていて。そのままのノリで面接にも行っていたので、そこと比べると、誠意や、人を迎えたい気持ちが伝わってきました。 さいとぅー:いやぁ。ほんと。だいじ。 Bさん:本当にだいじでしたね。あと残業に関しては繁忙期の忙しさとかそれ以外は定時で帰る人も多いですね~とかそういうお話をしてもらえたのが良かったですね。 さいとぅー:入社してそこそこ立つけど実際前職と比べると残業はどうでした? Bさん:残業減りましたよ! さいとぅー:・・・。前のPさんとお話した時に、残業って癖になるよねーって話をしていて、僕もそうだったなーって。Bさんもなんとなく同じ匂いがするタイプの人だなぁと思っていまして。で、改めて聞くんですけど残業いかがですか? Bさん:あー、いや、はい、残業してますはい。自分のせいです。 さいとぅー:責めてるわけじゃなくてwwwwwwww。もともと転職をしたかった理由の一つに残業時間もあったと思っているので、それが解決していないとあれだなぁと思いまして。 今の所20~30時間ぐらいしております。。。 さいとぅー:前職はどれくらいなんでしたっけ? Bさん:大体60時間ですね。夜休憩っていう休めないけど勤怠上存在しているお休みのせいで勤怠上は40時間って書いてあったけど、って感じです。 さいとぅー:労務上あってるけど実体とあってないあれね。と言う事は今は1日1時間くらいですかね? Bさん:そうですね、今の所許容範囲かなとは思っています。忙しくて残業が長いというよりも、クライアントとの打ち合わせで夜遅く残る日がたまにあります。 さいとぅー:あー、お客さん都合の奴かー。クライアントもtoCだからお客さんが帰った後じゃないと落ち着いて打ち合わせ出来ないですしねぇ。 Bさん:そうですね。一定の忙しさはありますが、業界的にも安定してそうですし、10年以上働いている人も結構いるみたいで働きやすさについては期待しています。 さいとぅー:おお、それはすごい。 Bさん:あと、キャリアの経験を積める。という点については、クライアントごとの特徴、コンセプトなどを追求してサイト制作できちんと打ち出して作りこむっていう所までやれるなぁと思っていまして。検索キーワードで上位にいかせるSEO戦略とかを提案するところまでディレクターの立場で関われているのも面白いなと思っています。前職より年収が上がった分求められるのも大変ですが、それなりの知識や経験も得られているなって言う実感もあります。 さいとぅー:前職とそんなに変わったんですか? Bさん:変わりましたね。今までディレクターとして色んな案件を回してきた所を気に入って採用頂いたようでもっと案件をブン回して欲しいんだと思うんですが、今はそれ以前の問題でして。先ほどクライアントのコンセプトなどにこだわるっていう話をしたと思うんですが、表面的な検索キーワードを決めるとかじゃなくて、きちんとクライアントから独自性を引き出すためのインタビューをして丁寧に作りこむ必要があるんです。それらを通じて更にサイト制作の目的を決めたりとか細かい要件を拾っていく必要があり、その辺の経験があまりないのでかなり苦労をしております。 さいとぅー:今まではどういう案件が多かったんですか? Bさん:今まではアニメの案件が多かったので、既に人気な作品があってその人気の作品のファンに向けた告知が多かったので、既に盛り上がっているものの、その畑の中に告知していくので認知は既にあるよねって言う感じで。 さいとぅー:あー、認知を取りに行くのとはちょっと具合が違うんですね。でもいま求められている事の方が一番役に立ちそうですね。 Bさん:そうですね。なのでサイト制作の骨格となるワイヤーフレームも具体的なユーザー心理に基づいて作った事があんまり無くて、、教わりながらやる事になっている感じです。日々、「あー!もう本当すいません!」っていう気持ちです。はやくポンコツを卒業しないといけないなって! さいとぅー:ポンコツはねぇ。卒業できないよぉwww Bさん:とはいえ、、なんか期待外れだったって思われないようにしないとっていう想いで毎日会社に通っています。 さいとぅー:偉いなぁ。偉いよぉ。えらい! Bさん:諦めて帰る人もいると思うんですけど、少しでもできるようになりたくて、先輩たちに「すいません、わかんないです。教えてください」って相談しながらやってます。。。 さいとぅー:そうやって仕事にこだわりを持ってやろうと出来るのはほんとうにすごい。 Bさん:もうだから評価は知りません! さいとぅー:それはちゃんと上司に聞いてください。 Bさん:低かったら怖い。。。 さいとぅー:実際評価の話はこまめに聞くのは一番いいんですけどね。 Bさん:1on1面談が月一であって、上長と二人で課題とか良かったこととか期初に立てた目標に対する進捗どうですかって話はよくしてるんですけどね。その進捗の説明はかなり緊張します。「今のままだと給料下げられちゃうよ」みたいなことは言われてないので、どんな風に思ってるんだろうって気にはなっています。 さいとぅー:なんか疑心暗鬼wwww Bさん:前の会社で一度給料を下げられたことが今でも響いているので。 さいとぅー:あぁ本当だ!そういえば言ってましたね!トラウマだぁ。。。 Bさん:そうなんですよ本当に。 さいとぅー:給料下げられたら根にもって良いと思う。ずっと恨んでおこう。 Bさん:ちなみに長く働いている方に、「この会社で給料下げられたっていってる人っているんですかね?」って聞いたら「そんな人今の所聞いたことないね」っていってたんで少し安心しています。 さいとぅー:まぁ、普通はステイが多いと思いますよ。下げるのはよっぽどで据え置きの方が多い。降格して役職手当分減額とかはあるかもしれないけれど、普段の人事考課で基本給が静かに下がるのはなかなか聞かないですねぇ。まぁそんなにたくさんの会社の情報を収集できているわけでもないのでどこまで正確かと言われるとあれですが、昇給に対して減給は本人や周囲に対する悪影響の方が大きいから。 Bさん:ほんとですね。あ、そういう話もありがたかったです。 さいとぅー:なんか減給された話したとき「お前給料3000円だか下げるだけでこっちがどんだけ心理的にダメージわかってんのか?分かってないって言う事は社員に対するマネジメントもそういう感じでする会社ってことですか???」って勝手に僕が怒っていた記憶が蘇ってきました Bさん:凄い怒りを感じていましたwww まぁそんな感じで元々好きだったエンタメ業界から離れるという事に対しては未練がありましたが、他のエンタメ系の会社の業績を見てもあんまりよくなさそうだなとか思って、思い切って飛び込みましたって感じですね。 さいとぅー:それまでやりたい事をやっていたっていう所からキャリアを切り替えたって言う意味では思い切りましたね。 Bさん:そうですね。最終選考の時に役員の方が参加していまして、その時に私が女性だという事もあるからだと思うんですが「育休とか産休とかちゃんと取っている人もいるし、戻ってきている人もいるよ」とか「時短勤務もできます」とか、「経験積んだメンバーでフリーランスとしてうちの会社のパートナーとしてやっている人もいっぱい居るよ」とかそういう話もしてくれて、安心したのと同時に私もいつか新しく挑戦できるかな?っていう気持ちになって、ちゃんと検討したいって思うようになりました。 さいとぅー:わざわざ会社側から積極的にそういう話をしてくれるのはありがたいですね。 Bさん:そうですね。そこまでして私を誘おうとしてくれるのはちょっと感動しました。 さいとぅー:会社的にはまだまだ産休育休取られたくないって言う所も多いですからねぇ。 Bさん:そうなんですよね。実際働いてみたら、育休中の方が会社に子どもを連れてくる方も居るし、良い所だったなって思います。 さいとぅー:よかったぁ。入社した直後はまだよくわからない事も多いと思うけれど、入社して4か月経ってまだ「入社して良かった」と思えているならとてもよいですね。

Bさん:はい。私も良かったに一票です。後は頑張りますでしか無いです。笑 あ、あと以前と比べると土日に仕事の事を考える事が大分減りました。 もちろん新しく勉強をした方が良いなって思う事とかはあるんですが、Web業界のトレンドとかの勉強も含めて最近凄く楽しいです。 さいとぅー:仕事に繋がる勉強って結構楽しかったりしますからね。 Bさん:そうなんです。前の会社だと何やっても適当にやっておけばオッケーみたいな所があったんで、細かい所にこだわるんじゃなくて、全体的に終わっていればオッケー、後は時間がないし!みたいな。 さいとぅー:仕事にこだわりたい人からするとそういうのはちょっと萎えるよねぇー Bさん:そうですねぇ。。。

ー----

さいとぅー:さて、話も長くなってきてしまったし、最後にキャリア迷子の人に言いたい事とかあります? Bさん:うーん、オプチャでもよく言ってますが、何か嫌だなって思う事があったら、嫌だなっていう内容をまとめてさいとぅーさんに当たればいいんじゃないかなって。 門扉を叩くって言うんですかね?バンバン!タスケテー!ってすればいいんじゃないですかね! さいとぅー:表現が独特www Bさん:あとはなんだろう、私の場合はTwitterで愚痴を垂れ流していたので、周りの大人から「その会社やべーよ」って言ってもらえて、「あ、そうなんだ!」って思えたりするので。他の人から意見を貰うって言うのは大事だなって。 さいとぅー:外の人の話を聞くのって結構大きいですよね。 Bさん:そうですね!まずは悩んでいるんだったら、キャリア迷子で話してみて、意外と普通の会社だったとか、そうじゃなかったとか、その評価を聞いてみてから動き出すのもありなんじゃないかなって思います! さいとぅー:勝手に告知してくれるwwwww Bさん:伝えたい事はそういう事しかないかなぁ?私はわりと他力本願なので。 さいとぅー:いや、責任感強すぎて他人に頼っているって思い過ぎているだけであなた結構自分で頑張っている人ですよね。 Bさん:そうですかね、ありがとうございます。 さいとぅー:そんな感じで、今日は長々とありがとうございました! Bさん:いえいえ、こちらこそありがとうございました!

ー--------------------- Bさんは「私は駄目だぁー!」って言いながらモリモリ前に進めてしまうタイプの方で、以前からTwitterでも仲が良い方だったのですが、背中を押せばどこまでも自分で走れてしまう人だなぁという印象でした。

ちょっぴり自信が無い部分がチラホラあったんですが、目標のレベルが高すぎるだけなので、その辺たまーにサポートしてたぐらいで、結局自分でどうにかできちゃう人でした。

ただ、御本人もおっしゃっていた通り、TwitterとかSNSを上手に使って、 色々な人と話をしたり意見を聞いたり出来ているのもこの方の強みだと思ったので、自分一人で悩んでいる方は、SNS上手に使うと良いなぁと思いました。


キャリア迷子ではオープンチャットで普段キャリア迷子の方たちと一緒にキャリアについて悩んでいます。


Twitterで意見を募るにもフォロワー数増やさないとリプライが来なかったりするので、手っ取り早く色々な人のアドバイスを貰ったり、他の人が悩んでいる事を見たりも出来るので、キャリアについて少しでも悩みがある方は是非是非お気軽にご参加ください。






また、管理人のさいとぅーは随時個別相談も受け付けています。

キャリア迷子部屋では相談しにくい内容とか、さいとぅーに個別で相談したいよーという方がいらっしゃいましたら、TwitterのDMやLINEからも連絡出来ますので以下リンクからご連絡してください。






あと、せっかくここまで記事を読んでくださった方!

ぜひ一言「よかったよ!」くらいの長さで良いのでコメントも書いていってくださーい!

インタビューした方も喜びますし、僕も喜びます!


Comments


bottom of page